スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白アスパラの酒粕ムース



090803musu1.jpg


映画の上映が始まるまでの時間つぶしにと、
ふらっと立ち寄った懐石料理屋さん。

ひとつひとつの料理の美味しさと美しさ。
マスターと女将さん(マスターのお母さん)の
人柄が大好きで、もう8年位通ってる。
私達が一番落ち着ける店であり、隠れ家である。


090803musu2.jpg


先日その店で、
デザートにと真っ白なムースが出された。
「今が旬の白アスパラを使ったムースです」
とマスター。
白アスパラをデザートにしてしまうことにも驚かされましたが、
食べてみてさらにビックリ!
デザートのムースとしての甘さもしっかりあるけど、
ちゃんと白アスパラの風味も味わえます。
いつもいつも、
マスターの料理には驚かされてばかりです。

そして「美味しい♪美味しい♪」
と言いながら食べる私に、
いつも丁寧に作り方を教えてくれるのです。
見て、食べて、教えてもらって。
『私にとっての料理教室 』の原点となる店です。


090803musu3.jpg


そして、教えてもらった『白アスパラのムース 』
をヒントに、久々に作っちゃいました。
玉村本店 』さんにいただいた
酒粕を使って作る酒粕料理
『白アスパラの酒粕ムース 』です♪
酒粕のチーズのような香りと、
白アスパラの風味が合うんじゃないかな~
なんて思って作ってみたのですが...

どうやら、
相変わらずの『何でもやりすぎ! 』
な癖が出てしまったようで、
白アスパラよりも、
酒粕の風味の方が強くなり過ぎちゃって
(=入れ過ぎ)、白アスパラはどこへやら?
の『酒粕ムース 』になちゃいました(汗)。

個人的には全然大丈夫なんだけど、
(→酒粕好きはOK!)
試食係のマイケルは一口食べるのがやっと。
『やりすぎ 』も程々に!
と反省しつつも、
やっぱり『やりすぎ 』が大好きな私です♪


スポンサーサイト

酒粕花巻のプルコギサンド



090609sake.jpg



去年の暮れ、お正月に自宅で飲む用のお酒を、
いつもお世話になっている
玉村本店』さんに注文しました。
上撰本醸造 しぼりたて生原酒』。


090610zouni.jpg



優しく、柔らかい口当たりで、とっても飲みやすく、
お正月の朝から、
お雑煮と一緒にいただいてしまいました。
家族にも大好評で、その日のうちに、
あっという間に飲み干されてしまいました(笑)。


090609sakekasu1.jpg



そして、このお酒と一緒に、たくさんの酒粕も送られてきました。
酒粕大好き、甘酒大好きな私はもちろん大喜びですが、
さすがにこの酒粕を全部甘酒にして、
1人で飲むのはつらいよな~
(ダンナは甘酒苦手なので...)と思い、考えた末、
酒粕を使った料理に挑戦する事に!!


090610sc.jpg 090610siro.jpg

090610uni.jpg 090610gra.jpg



そしてこれまでに、
『酒粕のスコーン』『酒粕の白シチュー』
『粒うにのパスタ』
『南瓜とほうれん草の酒粕グラタン』を作りました。
酒粕を水で溶いたり、牛乳で溶いたりと、
生クリームの代用として使えるので、
コクがあって大人味に仕上がるし、しかもヘルシー!!
みそ汁には必ず溶いた酒粕を入れたりと、
ホント、我が家で大活躍してくれています♪


090609hanamaki1.jpg



そしてこんなものも作っちゃいました。
『酒粕の花巻』。
中華料理などで出てくる、あの白い蒸しパンです。

ふだん作る花巻の生地に、
柔らかくした酒粕を一緒に混ぜてコネコネ・・・。
クルッと巻いて蒸すこと30分。
いつもよりも、しっかり、
もっちりした花巻の出来上がり。
あつあつの花巻を2つに割ると、
ふわ~~っと、酒粕の良い香りがしてきます♪


090609hanamaki2.jpg



先日の『さるめし』としても登場しましたが、
ざく切りサンチュと、
松の実と一緒に濃いめの味で炒めた
プルコギと一緒に食べる
『酒粕花巻のプルコギサンド』が、
私のお気に入り♪

次回は、
酒粕を使ったデザートを作ろうかと思っています。
まだまだ頑張ります!酒粕料理♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。