スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hop Tenpura



090917hop1.jpg


自宅のプランターで、
私達に『もやしっこ』なんて言われながらも、
スクスク・ニョキニョキと育ってくれた、
アメリカホップのCHINOOK君。

「今年は花がつかないかも...」
なんて諦めていたら、4mちかく伸びた上の方で、
ポコポコとかわいい花をつけてくれました♪


090917hop2.jpg


ルプリンも、こ~んなにたくさんついている!


090917hop3.jpg


信州早生で作ったHop Tenpuraは絶品だったけど、
アメリカホップで作るTenpuraはどうなのか?
作ってみました!試してみました!CHINOOK Tenpura~♪

日本のホップとの違いは?

とにかく苦いです!
衣の甘さよりも、
ホップの苦みの方が数倍も勝っている感じ。
でも、こ~ゆ~、苦さやりすぎなの大好き♪


090917goya.jpg 090917ooba.jpg


ホップの他に、
ニガニガ仲間のゴーヤをかき揚げにしたり、
庭で穫れた大葉も天ぷらにして、


090917udon.jpg


夏の終わりのウッドデッキで、
ヒヤムギと一緒にいただきました。
来年の夏も、また食べれるといいな、
Hop Tenpura~♪


ブログランキング参加中です!
Rankingbanner_02.gif 応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

Super Fresh Hop !



090817hop1.jpg


採れたての新鮮なホップを使って仕込んだBEERを
『Fresh Hop』とか『Harvest Brew』
などといいますが、
玉村本店さんが育てている、
採れたて新鮮なカスケードホップを使って、
『Super Fresh Hop !』作っちゃいました♪


090817hop2.jpg


パラパラとほぐしたカスケードホップちゃんを、
志賀高原ビール・ペールエールの中に入れて、
グニュグニュっとよく浸します。
ちなみに、このとき使ったマドラーはホップの茎。


090817hop3.jpg


はい、『Super Fresh Hop !』の出来上がり♪
って、なんだか見た目とっても飲みにくそうですが...
実際ホントに飲みにくかった(苦笑)。
でも、Hop畑でHopに囲まれて、
採れたてカスケードちゃんの香りを楽しみながら飲む
ペールエールはとっても美味しく、贅沢でした♪



Hop Tenpura



090820hop2.jpg


玉村本店さんの自家栽培ホップ『信州早生』。
この摘みたて新鮮ホップを使って
Hop Tenpura(ホップ天ぷら)作りました。


090815hop1.jpg


BEERを使った衣で揚げているので、
天ぷらというよりも、フリッターみたいな感じですが、
この衣の甘みがホップの苦みを和らげてくれています。
(去年、素揚げで食べたホップはニガニガでした。。。)

味のイメージ的には、
たらの芽やふきのとうなどの
山菜の天ぷらみたいな感じ。
ホップの苦みがなんともいえず美味しいです♪
春の山菜が終わっても、
夏にはホップの天ぷらが楽しめるなんて、
幸せであり、かなり贅沢です。

個人的には志賀高原ビールの
『Miyama Blonde 』を飲みながら、
このホップの天ぷらを食べるのが好きです♪
Miyama Blondeの甘みが増して美味しいんです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。